« 久しぶりに書き込みしたかと思えば爆弾が | トップページ | 一年間お休みです »

2017年2月11日 (土)

新年初カキコ

【お知らせ】
「1月の読書記録」に感想文をアップしました。


秋のマカオ行き以来、研究の方向性を完全に見失って途方に暮れたまま、気が付けば年も変わって2017年になってしまっておりました。

今年1月から本業のほうでもアルバイトのガテンのほうでも
「今年は仕事減らす宣言!」
を華麗にかまし、今までなら受けていたであろうご注文もずいぶんお断りして勉強時間を確保しつつあります。

今日、学校に「先生にご相談したいメール」を出しました。
やると決めたんだから、とにかくなんとかしないと。

今年に入って一つ、ちょっぴり実になったことがありました。
1月に、調査の一環として長崎を訪問しました。
マカオにわたった日本人たちは、みなこの町を経由して旅立っていったのだな、とちょっぴりウエットに。

《雪のサンタマリア》は想像以上の名画でした。
肉眼で確認したところ、書物を通じて抱いていた印象とは異なり、特に技法については、ハッとしました。
あれは日本画でもなければ西洋画でもない。インドのミニアチュールの技法によく似ているように思えました。

所蔵する26聖人殉教記念館の学芸員の方にもお目にかかり、いくつかのヒントを頂戴することもできました。

「政治と社会問題にコミットしない」
がポリシーであることには変わりないのですが、浦上教会と爆心地にて原爆の爪痕を目の当たりにし、キリスト教徒は同胞・異教徒関係なく、自分の考えに合わない存在は容赦なく攻撃するんだな、という思いを強くして帰ってまいりました。

26聖人殉教の西坂の丘に登り、海が見えたとき、特に外国人宣教師たちが最後に見たのは海の向こうの西欧か、それとも天の扉か、と考えました。

そして、マカオの丘の上にある教会前庭に立つマリア像を思い出していました。そういえばかの像が西を向いているという噂があったけれど、コンパス持って確認するのを怠っていたのを思い出しました。

小さなことばかりですが、まだまだ「確認していないこと」がいっぱいあるんだ。

ダメ元で、一歩ずつ歩いていこうと思う気持ちと、こんなことやってなんになる、とヤサぐれる気持ちが交錯しています。

« 久しぶりに書き込みしたかと思えば爆弾が | トップページ | 一年間お休みです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに書き込みしたかと思えば爆弾が | トップページ | 一年間お休みです »